ガンバレ国鉄職員殿

スト権ストの時に比べ、最近はサービスへのチャレンジが感じられ、
お客として気分の良い朝になってきました。 お国のためとはいいながら今、たいへんな時期のようですね。
民間会社はお客から「役に立つ」と認められなければつぶれる存在。
また、社員、経営者は「会社の役に立たなければ、不要」となる存在。
逆にいえば、会社は役に「立てる人」ならいくらでも欲しいのです。
(役に立ち方は千差万別) 国鉄※職員はもともと有能のはず。
権利の主張より、あなたが特技を生かし、相手の役に立つ熱意があれば将来はバラ色。 我々も「死角を生かすミラー」をつくり、皆様の役に立つよう努力しています。 ガンバレ国鉄職員殿(記 1986.02) ※国鉄:現在のJRのことです

hashi-rin.jpg